漆椀は漆器の伝統的な産地である石川県「山中」で「拭き漆」を施しました。

桜木の表情を生かしたマットな仕上げは、漆を塗っては拭き取る作業を5回繰り返し、
素朴でありながら上品な質感になっています。

手に持ったときのフィット感はもちろん、逆さの椀を表に返すときにも掴みやすいよう、
高台をやや外へ反らせたデザイン。
漆椀の穏やかな光沢と木目は、漆を塗り重ねることで生まれています。
Img_f0fab797042e91df6f9b537c654f36b9
美しい漆器は毎日が特別になります